×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

長い付き合いなら。

保険に入るなら、自分のことをよく理解してくれる所に入りたい。
そういう要望が高まる中、特に評判のいい保険会社を挙げるとするならば、それはジブラルタ生命ではないでしょうか。
その評判の良さは、ジブラルタ生命のどういうシステムが生んでいるのでしょう。
それは、ジブラルタ生命には加入者にライフアドバイザーがついて、コンサルティングしてくれるシステムにあります。
ジブラルタ生命のライフアドバイザーは担当を任されると、ほぼ途中で変更することなく、長い年月をかけて加入者の相談に乗ってくれます。同じ人がずっとコンサルティングしてくれるという点が、信頼に繋がり評判を呼んでいるのです。
またその評判を裏付ける要素として、ジブラルタ生命のアドバイザーは最高峰の生命保険に関する資格を有している方が多く、アドバイスの的確さには定評があります。
ジブラルタ生命の評判の良さには、確固たるスキルの高さがあるのです。

商品の良さは『カスタマイズ』な所。

よく保険のCMを見てると、様々な加入プラン(商品)の紹介が目につきます。
しかし、加入者にとっては不要な内容が盛り込まれているプランも入っていたりするのが現状です。
ジブラルタ生命は、加入者一人一人の要望にそくしてプランするサービスを行なっています。つまり、ジブラルタ生命では保険を自分がカスタマイズすることが出来るのです。
これで不要な保険に入らなくて済み、必要な保険のみをチョイスすることが可能なのです。
しかも、ジブラルタ生命は保険の知識に長けたスペシャリストが対応しますので、ベストな保険プランを作ってくれます。
ジブラルタ生命の売りは、豊富なプランにあるのではなく、加入者が自由にチョイスできる自由さにあるのです。
この自由さこそ、ジブラルタ生命を究極のサービスなのかも知れませんね。

ドルと円の関係で……。

ジブラルタ生命のハイアメリカンプランで賛否両論が飛び交っています。
議論が起きているのは、円とドルの関係が将来どうなっているか分からない点にあります。
極端な例を挙げれば、1ドル100円の時にジブラルタ生命のハイアメリカンプランに加入したとします。(運用を任せたのは1000円だとして。)
期間の間、円をドルにかえて、ジブラルタ生命がハイアメリカンプランで10ドルを20ドルに増やしてくれました。
しかし、その時に1ドルが10円の価値しかなかったら――、ジブラルタ生命から手元に返ってくるのは、たったの200円。
つまり、最初渡した1000円が200円になって800円の損をしてしまうのです。
あくまでも極端な例ですが、これではハイアメリカンプランに入った意味がありません。
ジブラルタ生命は外資系企業なので、円ではなくドルで資産運用するのは当然なのですが、ドルと円の関係が未知数なだけに、損をする可能性が捨てきれず、果たしてハイアメリカンがいいプランなのかどうか議論を呼んでいるのです。

<お気に入り>
がん保険の比較は見やすく簡単に| 簡単!ダイエット方法特集| スパッツとレギンスは違う?| ワンセグチューナーも車載用が一般的です| 無料フランス語辞典| 看護師のバイトが増えています。| コムサイズムのスーツ|
Copyright © 2008 ジブラルタ生命